CG-Storeとは。

CG-Storeは、放送局のテロップとして、静止画スーパー、静止画トリキリ、アニメーション、ロール、動画などといった多彩な素材を作成、2Dまたは3Dのエフェクトを適用し、HD-SDIまたは各種汎用メディアに出力することができるネットワーク対応のトータルテロップシステムです。

全国の放送局様で稼働しているシステムです。

CG-Storeは数多くの放送局、CATV局、プロダクション様にお選びいただいているトータルテロップシステムです。

CG-Storeは当社からのご提案はもちろん、数多くのお客様からのご要望やアイデア等をいただき、進化を続けるソフトウェアです。それぞれのお客様用に派生バージョンを作るのではなく、ベースソフトウェアは1本とし、各お客様ごとに設定を変更することで、それぞれのお客様のニーズに応えてきました。これにより、ベースソフトウェアをバージョンアップすることで全てのCG-Storeをお使いのお客様が同様にバージョンアップを続けていくことが可能です。納品して終了ではない、納品時から進化がスタートするシステム。それがCG-Storeです。


完全自社設計・開発のソフトウェア。

CG-Storeは全てのソフトの設計から開発までを、すべて当社スタッフが行っています。外注を使わないソフトウェアメーカーNIXUSだからこそできる、細かいところまで手の届く、ノウハウの詰まったシステムをご提案しています。


長期安定運用を目指した
最新のハードウェアを選定。

24時間365日止まることのないオンエアに対応できるよう、お客様にあわせて最適なハードウェアを選定いたします。送出機には最新のワークステーションを選定。メンテナンスやエコを考えたハードウェアです。OSは最新のWindowsにてご提案しております。


運用しやすいソフトウェア群。

CG-Storeは大きく作画・スケジュール編集・送出・メンテナンスといった機能(セクション)があり、それぞれのセクションの中にソフトウェアが存在するという形式をとっています。ソフトウェアの役割を明確にすることで「現在何をしているか」「次に何をするか」を確実にすることができます。


リアルタイム3Dや動画を含む多彩な表現力。

CG-Storeは表現力も多彩です。国内唯一の国産リアルタイム3DCGエンジン「3D-NIXUS」を使い、オブジェクトや文字を立体的に表現できるリアル3D機能や、キー付きのフルHD動画の長時間再生等、お客様のクリエイティビティを100%実現する表現力を備えています。


ソフトウェアメーカーだからできる
ワンシステムマルチユース。

当社のソフトウェアは、コアとなるドライバ部分を共有し、効率的に動作するように設計されています。そのため、同じ送出機でCG-Storeだけではなく、スポーツオンエアシステムS-PORTERやL字システム等、様々なシステムへソフトウェアの切替だけで実現します。

スポーツオンエアシステム S-PORTER
L字システム SG-LJIO
バーチャルシステム 3D-NIXUS


8

長期安定運用をめざしたシステムです。

安定性のあるハードウェア、ネットワーク、ソフトウェアと、それを支える充実のサポート体制により24時間365日止まることのない、お客様の大切なオンエアを支えます。


SDKを使って独自の拡張を実現できます。

CG-Storeは、基本的なソフトのバージョンアップはもちろん、お客様のニーズにあわせた様々な拡張性を備えています。例えば、独自のスクリプトやアプリケーションを制作することができるSDKのご提供をしております。このSDKを使うことで、テキストファイルから1行1テロップを作るアプリケーションをつくったり、Excelの表からテロップを自動作成するマクロを作成することができます。

また、OTC、報道支援システム、提供システム、営放システム、気象システムなど様々な上位システムとの連携も柔軟に行える各種ゲートウェイソフトをご用意しています。


少人数・省スペースでのオンエア。

送出ソフトは、番組を呼び出し、TAKEボタンを押すだけのシンプル操作。静止画や動画、3Dなど全ての種類の素材で同じように送出が行えます。

さらに、音源装置を追加して効果音やBGMを再生させることはもちろん、動画の再生にあわせて音声を再生するエンベデットオーディオにも対応しました。

送出は、1台のコントロールPCから2台の送出機をリモートコントロールして行うことが可能です。少人数・省スペースでのオンエアが実現します。


スケジュールプレビューで
テロップ確認がどこからでも可能。

設定したエフェクトは、送出ボードのない端末でも、スケジュールソフト上でプレビューが可能です。

また、WEBブラウザ上でも番組単位のスケジュール確認や、素材の出稿が行えるWEB出稿機能も。文字の修正やテンプレートを使用した素材リストへの新規テロップ作成まで、ご自身のPCや中継先からでも自由に行うことができます。


作成できる多彩なオブジェクト。

CG-Storeの作画ソフトは、ベクタードロウ系ソフトウェア並みの豊富なオブジェクトを作成できます。例えば以下のオブジェクトをボタン1つで配置できます。


1文字ずつ、きめ細かい設定ができます。

文字オブジェクトは1文字ごとにフォントの種類、サイズ、文字間、回転などを変更することができます。フォントはTrue TypeおよびOpen Typeのフォントに対応しています。Open Typeのフォントであっても、プロポーショナルは自動設定します。

また、定型テロップを作成する時に便利なフィッティング(自動均等割付)の設定も可能です。フィッティングは最大文字間、最大横幅などを設定することで、指定枠内に美しく配置することが可能です。


多彩な画像フォーマットを
配置できます。

他のグラフィックソフトウェアで作成した画像ファイルをドラッグ&ドロップで配置することが可能です。
画像はTGA(32bit)、JPEG、GIF、BMP、PNGなど汎用的な画像形式の他、Adobe社のPhotoshop形式であるPSDに対応。

また、オプションによりIllustrator形式であるAI、そしてEPSやPDFにも対応いたします。


プラグインに対応。画像処理も素早く高精度に。

作画ソフトは外部プラグインを作画ソフトで呼び出し適用することができます。例えば、当社のPhotoshopプラグイン「NIXUS TOPAZ」シリーズを作画ソフト内でご利用可能です。この「NIXUS TOPAZ」を使用すれば、読み込んだ写真の切抜きや、ノイズ除去、イラスト化などがワンクリックで実現します。単なる画像読み込みだけではない、フォトレタッチソフトにも匹敵するほどの画像編集機能を搭載しています。


作成したオブジェクトは、
ボタン1つで3次元に。

オブジェクトは、通常2Dキャンバス内で2次元で作成できますが、3Dレイヤーに変換することで、奥行き情報をもったキャンバス上に配置することができます。
作成したオブジェクトも3Dレイヤー上に配置すれば、奥行き感のあるオブジェクトにしたり、回転などが可能になります。


テロップ素材の1つとして
フルHD動画の再生を。

1920X1080pixels 30フレーム/秒の独自形式のAVI動画ファイルを配置することが可能です。Matrox独自形式の動画ファイルはキー情報を付加することができ50〜250Mbpsの間で圧縮することができます。
さらにレイヤーを使えば動画の上に、テロップや画像をエフェクト付きで合成して1つのテロップ素材として扱うことができます。


エフェクトも3Dで。ボタン1つで設定できます。
1フレームごとの細かい動きも。

3Dレイヤーの場合は、オブジェクト・グループごとに3D空間上での動作(モーション)設定をすることができます。 このモーションの設定には大きく2つの方法があります。
1つは、オブジェクトを選択し、プロパティウィンドウにてあらかじめ作成されたエフェクトを選択する方法です。
もう1つは、3Dモーションを設定する専用のウィンドウ、3Dモーションコントロールを使用する方法です。3Dモーションコントロールでは、タイムライン上でキーフレームを設定することで思い通りにダイナミックな動きを設定することができます。


タブレット端末で局内のどこからでも
手元でテロップ確認、送出コントロール。
これが新しいスタイルです。

CG-StoreはWi-Fiを使ってタブレット端末で、局内のどこからでもテロップの確認やサムネイルを見ながらの送出コントロールを行うことができます。サブの専用端末の前にいなくても、場所に縛られないテロップワークフローを実現します。

タッチ操作とレイアウトが自由なタブレット端末の快適な操作性で、項目ジャンプなどを素早く行うことができます。また、オンエア/ネクストのサムネイルを画面上で確認可能、コントロールパネルでは実現できなかったフレキシブルな操作を実現します。


次世代フォーマット4K/8Kに対応。
送出もネイティブに。

作画もスケジュールも、HD版のCG-Storeと同じソフトウェアで、次世代フォーマット4K/8Kを実現します。高解像度でありながらも、HDと変わらない操作性でパワフルな演出を実現します。HDから4K、8Kへの自動コンバートにも対応。今までのCGを作り直す必要はありません。

アストロデザイン株式会社の対応ボード「GG-167」に対応し、映像出力もネイティブに行えます。



ノンリニア編集ソフトとの連携がスムーズに。

ノンリニア編集ソフト、グラスバレー株式会社の「EDIUS」、アビッド テクノロジー株式会社の「Media Composer®」、アドビシステムズ株式会社の「Adobe Premiere Pro CC」のプラグインとしてシームレスな連携に対応しています。

CG-Storeのスケジュール上のテロップを、ノンリニア編集ソフトのタイムラインやビンへ直接読み込みが可能です。作画ソフトでテロップを修正すれば、ノンリニア編集ソフトのネイティブタイトラーのようにノンリニア上のデータも自動更新。リアル3Dを含む全ての動きをノンリニアでも使用できます。デイリーのビデオ編集が、スムーズに豊かになります。


NIXUSのシステムにはベストなワークステーションNIXYを。

NIXUSのシステムには専用のワークステーション「NIXY」をご提案しています。ご利用するシーンや出力フォーマットなどによりACE、PRO、LITE、BOOKの中からお客様に最適なNIXYをご提案いたします。
詳しくはNIXYのページをご覧ください。
放送用ワークステーションNIXY




カタログダウンロード。

CG-Storeのカタログをダウンロードできます。 カタログダウンロード




ご購入について。

CG-Storeのご購入についてご検討いただきありがとうございます。
CG-Storeはお客様のご要望にあわせ、ベストなハードウェアやシステムをご提案させていただいております。
そのため、お問い合わせのコーナーから当社のセールススタッフにご連絡ください。
2〜3営業日以内に当社のセールススタッフが、メールまたはお電話でお客様にご連絡いたします。
カタログ、提案書などの送付、デモンストレーションもお受けしております。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ


*記載された内容は、改良のため予告なく変更することがあります。
*NIXUSは北海道日興通信株式会社の登録商標です。
*EDIUSはグラスバレー株式会社の登録商標です。
*Media Composerはアビッド テクノロジー株式会社の登録商標です。
*Adobe Premiere Pro CCはアドビシステムズ株式会社の登録商標です。
*当カタログに記載の画像はイメージです。実際の画面、製品とは異なります。


北海道日興通信株式会社 nixus.jp