1

ビデオカメラとネットワークを接続するだけ。
いつでもそこがインターネット放送局。

DV Mixer2は、ビデオカメラとネットワークを接続することで、インターネットやイントラネット上に簡単に動画を生放送することができるシステムです。単純に生放送するだけではなく、複数のビデオカメラを切り替えたり、資料の動画ファイルを挿入したり、テロップを表示するといった放送局並みの編集機能を備え、本格的な放送をすぐにはじめられます。
また、DV Mixer2は生放送だけではなく、VOD用のファイルを作成することも可能です。


様々な映像入力に対応。

DV Mixer2は様々な映像を入力できます。ハイビジョンビデオカメラのHDMI、コンポーネント(D3)端子を接続し、ハイビジョン映像を入力することができます。また、AVIやWMVといった動画ファイルもスタンバイ可能です。
2


3

テレビ番組にも劣らないテロップを、
リアルタイムでオンエアします。

DV Mixer2には本格的なテロップを簡単に作成できるテロップ機能があります。あらかじめ専門のデザイナーが作成したテロップのひな型が保存されていますので、ひな型を選択して文字を入力するだけでテロップをすぐに作成、オンエアすることができます。

さらに本格的な独自のテロップを作成したい場合はTelop Canvas(*別売)をご利用いただければ、オリジナルのテロップを作成することができます。

Telop Canvasの詳細はこちら。 Telop Canvas


多彩なエフェクトで、様々な効果を。

入力したカメラや動画ファイルは「スライド」や「キューブ」といった効果をつけて切り替えることができます。また、「ピクチャインピクチャ」にも対応しています。
4


生放送と同時に録画も。
オンデマンド放送にも対応します。

DV Mixer2は生放送だけではなく、WMVファイルとして保存することができます。放送後にビデオ編集ソフト(※別売)で編集し、お好きな時にいつでも過去の放送を見ることができます。


ネット配信をテレビで見られる、
専用プレーヤーもご用意しました。

パソコンだけではなく、普段お使いのデジタルテレビでもインターネット放送をご覧いただけます。「メディアプレーヤー」(※別売)をネットワークとテレビに接続するだけの簡単なセットアップで、リモコン1つで生放送、オンデマンド放送ともにお使いのテレビで見ることができます。
7


学校で、社内で、議会で、様々な場所で、様々な用途で。


  • 校内自主放送に
  • 社内のネット放送に
  • 議会中継に

校内自主放送に。

学校では校内LANを使って、自主放送を実現。教室やパソコン室から、校長先生の話やイベントの中継等を楽しむことができます。

社内のネット放送に。

社内LANやインターネットでDV Mixer2を使用すれば、簡単に社内ネット放送局を開局。社長の話や、講演会の様子をインターネットやイントラネットで各支店や営業所に配信できます。

議会中継に。

さらに、議会でもDV Mixer2が活躍します。議会をインターネットで生中継、カメラの切り替えやテロップを入れたり、放送局顔負けの本格的な放送を。


DV Mixer2の使い方を動画でご覧ください。

DV Mixer2の使い方はとてもシンプル。






カタログダウンロード。

DV Mixer2のカタログをダウンロードできます。 カタログダウンロード


ご購入について。

DV Mixer2のご購入についてご検討いただきありがとうございます。
DV Mixer2はお客様のご要望にあわせ、ベストなハードウェアやシステムをご提案させていただいております。
そのため、お問い合わせのコーナーから当社のセールススタッフにご連絡ください。
2~3営業日以内に当社のセールススタッフが、メールまたはお電話でお客様にご連絡いたします。
カタログ、提案書などの送付、デモンストレーションもお受けしております。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ


*記載された内容は、改良のため予告なく変更することがあります。
*NIXUSは北海道日興通信株式会社の登録商標です。
*その他記載された会社名、製品名等は各社の登録商標または、商標です。
*当カタログに記載の画像はイメージです。実際の画面、製品とは異なります。


北海道日興通信株式会社 nixus.jp