2016/08/22
北海道日興通信株式会社

【NIXUSパッケージ製品ご利用のお客様へ】
QuickTime for Windowsサポート終了に関する対応方針



謹啓 ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
日頃は、弊社製品および保守・運用サポートをご利用いただき厚く御礼申し上げます。
さてこの度、QuickTimeの脆弱性問題について弊社の対応方針についてご案内申し上げます。

謹白


Ⅰ【現在の状況についてのご報告】

QuickTimeの脆弱性そのものの説明については、トレンドマイクロ社による情報をご参照頂ければ幸いです。
http://blog.trendmicro.co.jp/archives/13224

当該情報における、QuickTime for Windows に影響を与える2つの重大な脆弱性「ZDI-16-241」と「ZDI-16-242」における説明では、いずれも、その脆弱性は「ヒープ破損により、リモートでコードが実行される」という点に起因しており、ユーザーが不正なWebサイトを閲覧する、又は、不正なファイルを開くことによって、攻撃に利用されるという危険があることを示唆しております。

弊社製品は当面QuickTime動画コーデックのサポートを継続してまいりますので、現行製品にてQuickTimeが使用出来なくなることはございません。ただし外部(インターネット)接続環境下でQuickTimeをご使用の場合は、大変お手数ではございますが素材のウィルスチェック等をお客様の責任において実施して頂きますようお願い申し上げます。

Ⅱ【今後の対応についてのご報告】

弊社では、上記、脆弱性を鑑み、次期システム更新(ソフト更新)では、QuickTime以外の動画コーデックでの対応を予定しております。次期動画コーデックに関しては現在のところ、弊社標準形式を検討しております。当該標準形式では、“素材搬入における利便性向上“をその柱に据え、開発して参る所存でございます。

Ⅲ【移行までのサポートについてのご報告】

なお、現行の動画コーデックであるQuickTimeに関しましては、上記Ⅱで述べました次期コーデックへの移行完了まで当面、サポートを継続して参ります。

セキュリティ面への配慮も含め、NIXUSは「お客様の視点で」、「お客様とともに」「お客様に役立つ製品」を創り続けて参ります。今後とも 変わらぬご愛顧のほど、心よりお願い申し上げます。


以上



このリリースに関するお問い合わせ先
北海道日興通信株式会社
〒060-0041
北海道札幌市中央区大通東7丁目12-33 水野ビル
担当 : ソリューション営業部 堀田/吉川
電話 : 011-251-4251
FAX : 011-251-4564
URL : www.nixus.jp
E-mail : media@hnikko.co.jp



*NIXUSは北海道日興通信株式会社の登録商標です。
*記載された内容は、改良のため予告なく変更することがあります。

北海道日興通信株式会社 nixus.jp