バーチャルとARの融合による、画期的な映像表現。

バーチャルシステム"3D-NIXUS"と、AR(拡張現実)システム"AR-NIXUS.M1"、そしてソフトウェアによる仮想カメラ機能"ダイナミックカメラ"を融合することにより、これまでにはできなかった、広大なバーチャルスタジオ上でCGを持つ動かすといった演出が可能になるシステム、それがNIXUS AVRです。

クロマキーバックの前に立ち、印刷したARマーカーをカメラで撮影することで、画面上のどこにマーカーがあるのかをリアルタイムに解析し、バーチャルスタジオの中でマーカー上に3Dグラフィックを表示します。

これまでのバーチャルスタジオでは困難だったCGを「持つ」、「動かす」、好きなタイミングで「表示する」といったことがバーチャルスタジオ内で自由に行えます。

ソフトウェアが仮想カメラをコントロールするため、特殊なセンサーを必要とせず、シンプルな構成と価格で新しい映像が実現できます。
1


リアルタイム3Dレンダリングシステム3D-NIXUSと放送向けARシステムAR-NIXUS.M1
出会って生まれたシステムです。

NIXUS-AVRは、リアルタイム3Dレンダリングシステム3D-NIXUSと放送向けARシステムAR-NIXUS.M1が、新次元で融合した全く新しいシステムです。2つのシステムが融合することによりこれまで不可能だった様々な映像表現を実現します。

放送向けARシステム AR-NIXUS.M1。

3
出演者がARマーカーをカメラにかざすと、マーカーに設定したCGが自動で表示される画期的なバーチャルシステムです。
オンエア時のオペレーションはほとんど必要ありません。

従来のバーチャルと違い、マーカーがある位置にCGが表現されますので、出演者が演技をする負担も大幅に解消されます。
中継先からの映像や録画された映像に対して、後からサブ付け、編集付けでCGを表現することもできます。

AR-NIXUS.M1 詳しくはこちら。 AR-NIXUS.M1

純国産リアルタイム3Dエンジン 3D-NIXUS。

2
クロマキーヤーにより切り抜いた人物のビデオ映像と、リアルタイムに生成した3Dスタジオ映像を合成することにより、バーチャルスタジオを実現します。

放送向け製品として国内唯一の純国産リアルタイム3Dエンジン「3D-NIXUS」により、リーズナブルに、かつきめ細かな制御が可能です。
カメラセンサーを組み合わせることによるバーチャルスタジオも可能です。

3D-NIXUS 詳しくはこちら。 3D-NIXUS


4

ダイナミックカメラで
画期的なカメラワークを。

ソフトウェア処理によりバーチャルスタジオ内に仮想カメラを設置し、クロマキーで抜いた人物の映像をビデオテクスチャとして配置することで、ハードウェアセンサーを使用しないバーチャルスタジオを実現します。

実際のカメラは動かさず仮想カメラを動かすことで、どんなアングルでもマーカーが画面から外れることがありません。
ARによるカメラワークの制限が解消され、今までできなかった画期的なカメラワークを実現します。

対象物に「ありえないほど」ズームアップ・アウトするといった、まるでゲーム画面のような映像表現が生放送で行えます。
天気予報や現場の解説などアイデア次第で様々なシーンにお使いいただけます。


オートアングルで見せたいものを
しっかり見せます。

NIXUS AVRは手に持ったARマーカーの位置を検出するため、ARマーカーの位置が常に画面の中央にくるように、仮想カメラのパン/チルト/ズームを調整することができます。

例えばARマーカーにフリップのCGを表示し、つねに手に持ったフリップが画面内に収まるように自動追従することが可能です。
さらに両手に2つのマーカーを持てば、2つのフリップが画面内にちょうど収まるようにリアルタイムで調整します。
5


6

デイリーの作業もシンプルに。

CGの作成からオンエアまでのワークフローを徹底してシンプルにしました。

CGの作成は3ds MaxまたはMayaで作成。その後設定ソフトウェアの「xARc(シャーク)」でマーカーとCGをリンク付けするだけ。
デイリーでの運用はソフトウェアを起動し、設定を読み込むだけ。本番中の操作はほとんど不要です。


複数のマーカーを同時に認識、
マークの登録もカンタン。

さらに、複数のマーカーの同時認識も可能。

マーカーの登録はカメラでマーカーを撮影するだけなので、新しいマーカーを独自で作成し、天気予報や交通情報など様々なシーンでお使いいただけます
7


8

豊富なサンプルやオプションコンテンツ。

NIXUS AVRには、天気やグラフ、バーチャルフリップボードといった様々なコンテンツやバーチャルスタジオが標準で用意されいます。

3Dデザイナーがいない放送局様でも、豊富なサンプルの中から読み込むだけで様々な番組に、納品した日からお使いいただけます。


放送でも、イベントでも。
様々なシーンで活躍します。

NIXUS AVRは天気やニュース、バラエティ、ショッピング、情報番組など、様々な番組に生放送でお使いいただける画期的な映像表現のシステムです。
アイデア次第で従来のバーチャルスタジオやテロップシステムとも異なる、全く新しい映像表現を実現できます。

放送だけではなく、イベントや、博物館や展示室のアトラクションに。使い方はアイデア次第。
9


NIXUS AVRのデモを動画でご覧いただけます。

InterBEE2011でご紹介したNIXUS AVRのデモンストレーションショーをご覧ください。
NIXUS AVRだからこそ実現できた、オートアングルやダイナミックカメラといった画期的な映像表現を、ぜひご覧ください。





NIXUSのシステムにはベストなワークステーションNIXYを。

NIXUSのシステムには専用のワークステーション「NIXY」をご提案しています。ご利用するシーンや出力フォーマットなどによりACE、PRO、LITE、BOOKの中からお客様に最適なNIXYをご提案いたします。
詳しくはNIXYのページをご覧ください。
放送用ワークステーションNIXY




ご購入について

NIXUS AVRのご購入についてご検討いただきありがとうございます。
NIXUS AVRはお客様のご要望にあわせ、ベストなハードウェアやシステムをご提案させていただいております。
そのため、お問い合わせのコーナーから当社のセールススタッフにご連絡ください。
2〜3営業日以内に当社のセールススタッフが、メールまたはお電話でお客様にご連絡いたします。
カタログ、提案書などの送付、デモンストレーションもお受けしております。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ




*記載された内容は、改良のため変更することがあります。
*当カタログに記載の画像はイメージです。実際の画面とは異なります。
*その他記載された会社名、製品名等は各社の登録商標または、商標です。
*当カタログに記載の画像はイメージです。実際の画面、製品とは異なります。


北海道日興通信株式会社 nixus.jp