1_scr

データ解析、作画、オペレーション。 全てをシンプルに柔軟に、確実なスポーツオンエアを。

S-PORTERは、選手情報等のデータベースを構築・蓄積し、 またリアルタイムにデータを入力することにより、スポーツの情報を効率的、かつ的確にCG表現をする、スポーツ番組に特化したオンエアシステムです。
刻々と状況が変わるスポーツの生中継において、正確にスピーディに CGを送出するためにグラフィカルでわかりやすいGUIを搭載し、 シンプルなワークフローにとことんこだわりました。
2Dも3Dも、多彩な迫力ある表現を。NIXUSが長年のスポーツ番組オンエアで培ってきた技術と知識を継承しながらも、新しく生まれ変わったスポーツオンエアシステムです。

2


視覚的、使いやすい操作画面にこだわりました。

見やすいレイアウト、押しやすいボタン、判別しやすい色など、S-PORTERはユーザフレンドリーな操作画面を実現しました。
送出ソフトはもちろん、チーム、選手のプロフィールやデータの入力・管理をするマスタメンテナンスなどの事前準備ソフトにも、使いやすさは行き届いています。
例えば、選手やチームを1つずつ登録できるカード式と、背番号やIDなどで並び替えて一度にスピーディに入力できる一覧式の2種類の表示方法をご用意。

また、オペレータの方が迷うことなくデータの入力を進めることができるよう、マスタメンテナンス系にはソフト画面下に「ガイド機能」を搭載。常にガイドが表示されることで、スムーズに操作できる環境を目指します。
多機能なソフトウェアだからこそ、複雑にならないよう使い勝手の良さを大切にしています。



10

カスタマイズも簡単に。 お客様自身で行えます。

従来のシステムのスクリプトは、多彩な機能を実現するためにプログラム言語に近いものになってしまっていました。
S-PORTERは、デザインの変更や簡単な画面の追加などのカスタマイズは「シンプルスクリプトエディタ」で、ほぼマウス操作のみで行えます。データベースとの関連付けだけではできないような画面も、お客様自身の手でスムーズに作成が可能です。
例えば「右打者と左打者、スイッチで表示するアイコンを変えたい」という場合も、シンプルスクリプトで条件式を画面に従って入力するだけで実現できるのです。

さらに複雑な画面も、NIXUSならではの「アドバンスドスクリプト」をご用意。使用したい画面や使う方によってスクリプトを使い分け、それぞれの方がスムーズに、スピーディに記述できる環境をご用意。ありとあらゆる画面をサポートします。



高機能クリエイトソフトで、
2Dも3Dも思いのままに。

S-PORTERのデザイン作成は、当社テロップシステム「CG-Store」の作画ソフト「TelopDraw」を使用します。CG-Storeをお使いの方であれば、すぐにS-PORTERのデザイン作成が可能。TelopDrawの様々な機能やモーションがそのまま使用できます。
TelopDrawは、2Dのテロップだけではなく、立体的な3Dオブジェクトや効果も作成、扱うことができます。選択式によるエフェクトの他、モーショングラフィックソフトのようなタイムラインに沿ったエフェクトの設定が可能です。

さらに3ds Max/Mayaなどの3D作成ソフトで作成したオブジェクトとモーションをインポートすることも可能。TelopDraw上で3Dオブジェクトの位置やモーションを自由に変更できます。今までにはない迫力のあるスポーツテロップが実現します。

11


18

デザインとデータベースの関連付けも、シンプルに視覚的に行えます。

作成した文字列や画像オブジェクトと「S-PORTER」上のデータベースとの関連付けも「TelopDraw」上でシンプルに可能です。
イン&アウトアクションのみのシンプルな送出であれば「TelopDraw」によるデザイン作成と同時に行え、ユーザビリティが大幅に向上します。


多彩なオンエアの可能性を広げます。

S-PORTERの送出機は、表現力はもちろん、新しいワークフローの可能性を拓きます。テロップの作成も送出も同じ送出機で、新しい描画エンジン「NEXT ONLINE」が多彩な送出環境を実現します。

  • 送出例①
  • 送出例②
  • 送出例③
  • 送出例④
14

送出例①

2台のコントロールPCが1台の送出機に接続し、それぞれ別のグラフィックを送出指示し、送出機が合成して送出する方式。
15

送出例②

2台のコントロールPCが1台の送出機に接続し、それぞれ別のグラフィックを送出指示し、送出機の4出力をOA/NEXTではなく、A系統(FILL/KEY)、B系統(FILL/KEY)として送出する方式。
16

送出例③

1台のコントロールPCと作画機でA系/B系それぞれ別のCGを送出する方式。
17

送出例④

1台のコントロールPCが2台の送出機に接続し、それぞれ別のグラフィックを送出指示を出す方式。


オリジナルデータベースをご用意しています。

S-PORTERのデータベースは、当社のオリジナルデータベースを使用しています。オンエア時に必要な情報をスピーディに抽出・計算できる高速レスポンスを実現。野球など膨大なデータベースを利用する際は、SQLデータベースを利用することも可能です。

また、データベース上のデータをCSVファイルにエクスポート、CSVからのインポートに対応しています。メンテナンスとして、また新たなデータ更新のために、柔軟なデータベース運用を実現します。


9

専用コントロールインターフェイスをご用意。

送出時に確実なコントロールができるよう、汎用型とBSOに特化した2種類の専用コントロールパネルをご用意しています。
競技などによってオンエア時にボタン数が足りない時は、2台を連結して運用することも可能。さらに、コストパフォーマンスに優れたシンプルコントロールパネルもご用意しています。


他システムとも互換。
マルチユース運用を実現しています。

S-PORTERは、テロップシステム「CG-Store」やL字システム「d.caster」、バーチャルスタジオ、ARシステムなど多くのシステムと共通の送出機を採用しています。
ソフトウェアの切り替えにより、様々なシーンで有効にご活用いただけます。
9


NIXUSのシステムにはベストなワークステーションNIXYを。

NIXUSのシステムには専用のワークステーション「NIXY」をご提案しています。ご利用するシーンや出力フォーマットなどによりACE、PRO、LITE、BOOKの中からお客様に最適なNIXYをご提案いたします。
詳しくはNIXYのページをご覧ください。
放送用ワークステーションNIXY




カタログダウンロード。

S-PORTERのカタログをダウンロードできます。 カタログダウンロード




ご購入について。

S-PORTERのご購入についてご検討いたたきありがとうございます。
S-PORTERはお客様のご要望にあわせ、ベストなハードウェアやシステムをご提案させていただいております。
そのため、お問い合わせのコーナーから当社のセールススタッフにご連絡ください。
2〜3営業日以内に当社のセールススタッフが、メールまたはお電話でお客様にご連絡いたします。
カタログ、提案書などの送付や、デモンストレーションもお受けしております。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ


*記載された内容は、改良のため予告なく変更することがあります。
*NIXUSは北海道日興通信株式会社の登録商標です。
*その他記載された会社名、製品名等は各社の登録商標または、商標です。
*当カタログに記載の画像はイメージです。実際の画面、製品とは異なります。


北海道日興通信株式会社 nixus.jp