TELOP BOXは用途に合わせて様々な出力先に対応できます。

*出力によりソフトウェアが異なります。*出力先によって推奨環境は異なります。

イベントに。

イベントに
ローランド製スイッチャーVR-50HDやV-800といったルミナンスキー対応のスイッチャーと合わせてお使いいただくことで、様々なイベントで効果的な映像表現が可能です。
*FILL出力のみ。ハーフキーには対応しません。
*スイッチャーは含まれません。
HDMI出力


放送に。

放送に
datavideo社のTC-200と連携することで、HD-SDIでFILL/KEY送出、またはビデオ映像との合成出力が可能です。本格的な放送にご利用いただけます。
*TC-200は含まれません。
TC-200連携


ライブ配信に。

ライブ配信に。
NewTek社のライブ配信システムTriCasterとNDI®で連携。TELOP BOXからTriCasterに直接テロップを出力できます。NIXUSの高品質CGが迫力あるライブ配信を演出します。
*TriCasterは含まれません。
NDI連携



作画から送出まで放送局ゆずりの
本格的なソフトを標準セット。

放送に必要な、作画、スケジュール、送出のソフトが揃っています。実際に放送局様でご利用いただいているソフトと同等の機能を有し、テロップ送出を思いのままにコントロールします。
ソフトウェア



使い勝手にこたわった作画ソフト。

作画ソフト画面



多種多様なオブジェクトを作成。
グラデーションや装飾も多彩に。

文字列、静止画、四角形、角丸四角形、円形、扇形、正多角形、星型、多角形、直線、折れ線といった多様なオブジェクトが描けます。ドロー系ツールのような自由なベジェ曲線やスプライン曲線の描画も可能です。



多彩なフォーマット

多重のエッジ・シャドウを追加。

オブジェクトには、全部で12もの多重エッジ・シャドウを追加できます。種類もエッジ・ボード・ドロップシャドウ・3Dシャドウの中から選択できますので、それらを組み合わせることにより、様々な表現が可能になります。



広範な画像フォーマットに対応。

TELOP BOXは、TGA、PCT、PSD、JPG、BMP、PNGなど広範な画像フォーマットに対応しています。メイン画面上に画像をドラッグ&ドロップするだけで、即座にTELOP BOXの素材としてインポート可能です。
テロップのエクスポートは、TGA、PCT、JPG、BMP、PNGに対応。他ツールともシームレスに連携できます。



3D

3Dテロップとアニメーションの作成。

作成した図形や文字は、3Dオブジェクトに変換することが可能。立体的な迫力のあるデザインを作成できます。3Dオブジェクトには、エッジやシャドウの代わりにベベルをつけることができます。また、作成した3Dオブジェクトに動きをつけ、アルファチャンネル付きの動画や連番静止画にすることができます。



プラグインに対応。画像処理も素早く高精度に。

作画ソフトは外部プラグインを作画ソフトで呼び出し適用することができます。例えば、当社のPhotoshopプラグイン「NIXUS TOPAZ」シリーズ(※オプション)を作画ソフト内でご利用可能です。この「NIXUS TOPAZ」を使用すれば、読み込んだ写真の切抜きや、ノイズ除去、イラスト化などがワンクリックで実現します。単なる画像読み込みだけではない、フォトレタッチソフトにも匹敵するほどの画像編集が可能です。
TOPAZ
切り抜き



使い勝手重視のスケジュールソフト。

TELOP BOXのスケジュールソフトは、マウス中心のオペレーションで高度な番組作りを実現します。それぞれのテロップは「番組」-「放送」-「項目」の階層に効率的に保存されます。階層に分けテロップを管理することで、効率的に大量のテロップを管理できます。
また、番組や放送は無制限に作成が可能です。項目には1項目につき50枚のテロップを保存可能です。たとえば「ニュース」-「5月10日」-「特集」の中にテロップを入れていくというイメージです。
テロップの並び替えや他社製ソフトで作成した画像のインポートもマウスでドラッグ&ドロップするだけ。
わざわざ送出ソフトを立ち上げなくても、PCモニター上で送出のプレビューが可能です。エフェクトが入っているようなテロップもPCモニター上で確認ができるなど、使いやすい多くの工夫が凝らされています。



3D

高機能な送出ソフト。

スケジュールソフトで作成したテロップをTAKEボタン1つで簡単に送出します。テロップや項目をスキップしたり、送出したいテロップにジャンプするのもクリックするだけ。直感的な操作で送出できます。
作画ソフトやスケジュールソフトで変更した内容は即座に送出ソフトにも反映され、生放送中の「とっさの変更」にも対応できます。



推奨環境
TELOP BOX for datavideo TC-200
OS Windows7 / Windows8 / Windows8.1 / Windows10
CPU Intel Corei5 2.0GHz以上
メモリ 2枚挿しデュアルチャネル 4GB以上
グラフィックボード Intel HD Graphics 520
※ボードによっては、一部機能が動作しない可能性がございます。
購入前に体験版などでご確認ください。
ハードディスク 5GB以上 の空き容量
TELOP BOX for NDI®
OS Windows7 / Windows10
CPU Intel Corei7 2.6GHz以上
メモリ 16GB以上
グラフィックボード NVIDIA Quadro K1100M
※ボードによっては、一部機能が動作しない可能性がございます。
ハードディスク 5GB以上 の空き容量
TELOP BOX HDMI出力版
TELOP BOX HDMI出力版につきましては、ハード込みの販売となっております。


カタログダウンロード。

TELOP BOXのカタログをダウンロードできます。 カタログダウンロード




ご購入について。

TELOP BOXのご購入についてご検討いただきありがとうございます。
TELOP BOXはお客様のご要望にあわせ、ベストなハードウェアやシステムでご提案させていただいております。
お問い合わせのコーナーから当社のセールススタッフにご連絡ください。
2〜3営業日以内に当社のセールススタッフが、メールまたはお電話でお客様にご連絡いたします。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ


*記載された内容は、改良のため予告なく変更することがあります。
*NIXUSは北海道日興通信株式会社の登録商標です。
*NDI®は、米国 NewTek 社の登録商標です。
*その他記載された会社名、製品名等は各社の登録商標または、商標です。
*記載された画像はイメージです。実際の画面、製品とは異なります。

北海道日興通信株式会社 nixus.jp