TELOP BOX(テロップボックス)とは。

ローランド製スイッチャーVR-50HDやV-800HDをはじめとした、ルミナンス合成対応スイッチャー向けのテロッパーです。
テロップの作成、スケジュール組み、送出まで、手軽にオンエアするための工夫がぎっしり詰まっています。
ドラッグ&ドロップだけで入れ替えられるスケジュールソフト。豊富なショートカットキーで、簡単にテロップの作成、修正から保存までができる作画ソフト。分かりやすい送出画面。スイッチャーとTELOP BOXをHDMIで接続するだけで、本格的なテロップが実現できます。

TelopBOX
TelopBOX
※TELOP BOXは、イベント、学校等向けの簡易テロッパーです。出力はHDMIのみであり、放送用途には適しませんのでご注意ください。またFILLのみの出力であり、ハーフキーには対応しません。

datavideo社のTC-200に対応し、HD-SDIでのFILL/KEY送出、またはビデオ映像との合成出力を可能にした[TELOP BOX for datavideo TC-200]もございます。 TELOP BOX for datavideo TC-200 詳しくはこちら。


ソフトウェア

作画から送出まで放送局ゆずりの
本格的なソフトを標準搭載。

作画、スケジュール、送出のソフトがコンパクトな筐体に搭載。放送に必要なソフトが揃っています。実際に放送局様でご利用いただいているソフトと同等の機能を有し、テロップ送出を思いのままにコントロールします。

高機能な作画ソフト。

TELOP BOXの作画ソフトは、ベクタードロウ系ソフトウェア並みの豊富なオブジェクトを作成できます。例えば以下のオブジェクトをボタン1つで配置できます。
テロップドロウ
テロップドロウ

リッチな装飾ができます。


オブジェクトには、全部で12もの多重のエッジ・シャドーを追加できます。種類も、エッジ・ドロップシャドウ・3Dシャドウなどが選択できますので、それらを組み合わせることにより、様々な表現が可能です。
テロップドロウ

多彩なフォーマット

多彩な画像フォーマットに対応。


他のグラフィックソフトウェアで作成した画像ファイルをドラッグ&ドロップで配置することが可能です。画像はTGA(32bit)、JPEG、GIF、BMP、PNGなど汎用的な画像形式の他、Adobe社のPhotoshop形式であるPSDに対応。
※半透明画像には対応しません。

3Dテロップとアニメーションが可能です。


オブジェクトは、通常2Dキャンバス内で2次元で作成できますが、3Dレイヤーに変換することで、奥行き情報をもったキャンバス上に配置することができます。作成したオブジェクトも3Dレイヤー上に配置すれば、奥行き感のあるオブジェクトにしたり、回転などが可能になります。 オブジェクトや文字を立体的に表現できるリアル3D機能でお客様のクリエイティビティを100%実現する表現力を備えています。
3Dテロップ


TOPAZ

プラグインに対応。画像処理も素早く高精度に。


作画ソフトは外部プラグインを作画ソフトで呼び出し適用することができます。例えば、当社のPhotoshopプラグイン「NIXUS TOPAZ」シリーズ(※オプション)を作画ソフト内でご利用可能です。この「NIXUS TOPAZ」を使用すれば、読み込んだ写真の切抜きや、ノイズ除去、イラスト化などがワンクリックで実現します。単なる画像読み込みだけではない、フォトレタッチソフトにも匹敵するほどの画像編集機能を搭載しています。
切り抜き

すぐに使える定型が揃っています。


日常で使用するテロップは定型として保存し、ダブルクリックで簡単に呼び出して使用することができます。日々の運用が素早く行えます。 また、はじめからフリーのサンプルとして多数の定型が揃っていますので、扱いに慣れていない方やデザインの苦手な方でも、定型を読みこんで内容を打ちかえるだけで、簡単にテロップの作成が行えます。
一括

テロップドロウ

一括入力でスピーディな作画を。


作成したテロップは、一括入力機能を使用して仮保存をしておき、あとからまとめて保存することができます。また、フォルダごとにまとめて、画像の吐き出しを行うなど、あらゆる使用が可能です。一括入力に保存してあるテロップのサムネイルをダブルクリックすると、テロップを読み込むことができます。

使い勝手重視のスケジュール機能。

TELOP BOXのスケジュールソフトは、マウス中心のオペレーションで高度な番組作りを実現します。それぞれのテロップは「番組」-「放送」-「項目」の階層に効率的に保存されます。階層にわけテロップを管理することで、効率的に大量のテロップを管理できます。
また、番組や放送は無制限に作成が可能です。項目には1項目につき50枚のテロップを保存可能です。たとえば「ニュース」-「5月10日」-「特集」の中にそれぞれのテロップを入れていくというイメージです。
テロップの並び替えや他社製作画ソフトからのインポートもマウスでドラッグ&ドロップするだけ。
わざわざ送出ソフトを立ち上げなくても、コンピュータディスプレイ上で送出のプレビューが可能です。エフェクトが入っているようなテロップもコンピュータディスプレイ上で確認ができるなど、使いやすい多くの工夫が凝らされています。
スケジュールソフト

送出ソフト

高機能な送出ソフト。

スケジュールソフトで作成した番組は、専用の送出ソフトで読み出すことで送出(オンエア)が可能です。視認性のよいボタンや文字表記などのGUIデザインを採用しています。TAKEボタン1つでカンタンにスケジュール通りに送出できます。 テロップや項目をスキップ・ジャンプするのもクリックするだけで、直感的な操作を実現します。送出ソフト上からの作画ソフトを呼び出したり、 スケジュールソフトで変更したスケジュールは即座に送出ソフトにも反映され、生放送中の「とっさの変更」にも対応できます。

ハードウェア。

HDMI出力端子を標準搭載し、スイッチャーにHDMIケーブルを出力するだけのシンプルな構成です。スイッチャー側ではルミナンス合成することでスーパーインポーズも実現できます。ローランド製スイッチャーVR-50HDに最適なテロッパーです。
※ルミナンスキー合成のため、ハーフ処理などはできません。
ハードウェア

ネットライブに。

放送局でご利用いただいているソフトと同等の本格的なテロッパーで、力強い画面を演出できます。
ローランド製スイッチャーVR-50HDにはUSB出力もあり、ノートパソコンに接続してご利用いただけます。
1

音楽フェスの会場演出に。

音楽フェス/ライブ/コンサートは出演者の紹介や歌詞テロップ、曲紹介など様々情報を会場のスクリーンに映し出し、演出や情報共有によって一層熱を帯びます。TELOP BOXはコンパクトな筐体でそれらを実現します。大きな会場で催される、発表会、展示会などの行事にもTELOP BOXが活躍します。
1

プロジェクター放映に。

HDMI接続が可能ですので、TELOP BOXとプロジェクターを接続いただければ、そのまま映し出すことができます。講演会や校長先生の話、学習発表会などの会場演出に力を発揮します。
1





カタログダウンロード。

TELOP BOXのカタログをダウンロードできます。 カタログダウンロード




ご購入について。

TELOP BOXのご購入についてご検討いただきありがとうございます。
TELOP BOXはお客様のご要望にあわせ、ベストなハードウェアやシステムでご提案させていただいております。
お問い合わせのコーナーから当社のセールススタッフにご連絡ください。
2〜3営業日以内に当社のセールススタッフが、メールまたはお電話でお客様にご連絡いたします。
カタログ、提案書などの送付、デモンストレーションもお受けしております。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ


*記載された内容は、改良のため予告なく変更することがあります。
*NIXUSは北海道日興通信株式会社の登録商標です。
*当カタログに記載の画像はイメージです。実際の画面、製品とは異なります。


北海道日興通信株式会社 nixus.jp